ようこそ、日本髪の世界へ

あなたが日本髪と聞いて、思い浮かべるのは、何ですか?
歌舞伎、日本舞踏、お芝居、時代劇、お相撲?・・・・・

忘れてならないのは、和装花嫁の文金高島田ですね。
振袖、打掛の花嫁に現代のニーズは、洋髪スタイル、そして大きな花。

私は、豪華な打掛やおひきずりの黒振袖には、日本髪がとてもバランスが良いと思うんです。
30数年間この仕事をして来て、ひいき目ではないけれどトータルバランスと一生に一度の晴れ姿には、やはり文金高島田に六つ揃いのかんざしが、ふさわしく美しい。
僅かな時間、江戸時代の雰囲気を味わえますね。

そのひと時は、ご新婦様はもとより、ご新郎様、列席者の皆様の驚きと喜びの声を耳にします。
やって良かったと・・・・

日本髪は、お顔の長所をいかし短所をカバーするように出来ています。
和装の洋髪姿が当たり前の時代に
今、日本髪はクラシカルスタイリッシュ。
ぜひ御経験されることを願っています。

そして、あなたに似合うことを約束します。

片平 伸忠